AGA内服薬の代表格!フィナステリドの効果と副作用

MENU

CLOSE

AGA内服薬の代表格!フィナステリドの効果と副作用

内側からAGAに働きかける治療薬

f4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_s

フィナステリドとはどんなもの?

フィナステリドはAGA治療に使われる処方薬の1つで、AGA診療においてクリニックが強くすすめている内服薬の成分です。元々は前立腺の病気治療のために使われてきたものでしたが、投与した患者の中に毛髪が増えるといった意図しない副作用が見られたため、頭皮の毛髪環境に変化を与えることが発見されました。それを期に研究が進められてAGA治療薬として使用されるに至っています。認可されたのが1997年と歴史はまだ浅いのですが、現在では世界約60カ国で利用されており、日本でも2005年に正式に認められて発売されました。

AGAの発症原因

そもそもAGAというのは、通常のヘアサイクルが行われずに成長期が早く終わってしまい、成長途中の段階で脱毛してしまうことによって薄毛になる症状です。脱毛量が増えるだけではなく今生えている髪の毛も痩せて細ってしまい、産毛のような状態に変化して最終的に全く生えてこなくなってしまいます。その原因に大きく関係しているのが男性ホルモンの性質変化です。

男性はもちろん、女性の中にもある男性ホルモンはそのものが増えても薄毛になることはありませんが、5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結合してしまうことでDHT(ジヒドロテストステロン)というものに変化をしてしまいます。このDHTが理由こそまだ解明されていませんが、頭髪に脱毛指令を出してしまうのです。薄毛改善と育毛のためのAGA治療は、男性ホルモンが5αリダクターゼと結びついてしまうことを抑制することが大きな目的の1つになります。それがフィナステリドの効果に深く関わってくるのです。

フィナステリドによる作用

男性ホルモンテストステロンの多くは睾丸で作られて、5αリダクターゼは頭髪の毛乳頭と皮脂腺に存在しています。このうちの毛乳頭にある2型と呼ばれる5αリダクターゼが抜け毛の原因になるDHTの生成に関係してくるものです。血管を通って頭髪に到達したテストステロンが2型5αリダクターゼと結びついてしまうと2型DHTになり、それが毛包を矮小化して毛周期を短縮させてしまいます。毛母細胞の中心にある毛乳頭は、細胞分裂を起こすことで髪を発毛させる毛母細胞の栄養伝達に必要な部分です。そんな重要なところに5αリダクターゼがあり、DHTを作り出してしまうということの危険性が理解できるでしょう。

フィナステリドはDHTの生成を抑えることが可能な薬で、毛乳頭にある5αリダクターゼの働きを阻害する効果を持っています。2型DHTの生成を抑制することができればヘアサイクルを正常化させることもでき、脱毛メカニズムから開放することが可能になるのです。臨床実験では実に9割以上の使用者が抜け毛の進行を抑制させることに成功しており、髪の太さや質を改善するのにも非常に高い効果が望める薬だと実証されています。

高い効果の反面心配される副作用

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

気をつけたい体調変化

元々前立腺の病気治療薬として使われてきた薬ですので、フィナステリドの服用によって

  • 性欲減退
  • 勃起不全

などの症状に見舞われることがあります。ただし発症率は非常に低く、深刻な症状に見舞われる危険性は少ないものです。また、稀に肝機能不全などが起こる場合もありますが、異常を感じた場合にはただちに服用をやめてクリニックに相談をしてください。

いずれにしても効果が高い分、副作用の可能性を考慮して使用していく必要があります。購入費用が安く済むこともあり個人輸入で手に入れるかたもいますが、治療の効果が現れるまでに最低でも半年程度は使用し続けなければなりませんので、健康のためにも診察を受けて医師に処方されたものを利用し、指導に従って用法用量を守って飲むようにしましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧