頭皮に針?メソセラピーのメリット・デメリット

MENU

CLOSE

頭皮に針?メソセラピーのメリット・デメリット

育毛メソセラピーのメリット

d074c86c06d20749de35a17ee75f0960_s

薄毛の部位を直接治療できる

メソセラピーは注射器を使って、治療が必要な部位に治療薬などを直接注入する治療方法です。肌にヒアルロン酸を注入するなど、美容目的の治療にも使われている方法で、薄毛治療で行われるメソセラピーは「育毛メソセラピー」と呼ばれています。育毛メソセラピーのメリットは、頭皮に届く有効な治療成分の絶対量が多いことです。頭皮にはバリア機能が存在するため、塗布タイプのAGA治療薬を使用しても有効成分が毛根付近まで充分に浸透しません。

また、AGA治療の内服薬を使用する場合でも、その治療効果が全身に分散するため、頭皮だけに治療効果が集中せず効果が薄れてしまいます。しかし、育毛メソセラピーは注射針によってAGA治療薬を含んだ薬剤を毛根付近に直接注入するため、治療薬の浸透率がとても高いんです。

また、育毛メソセラピーで注入される薬剤の成分には、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害することでAGAの進行を抑制する「フィナステリド」や、毛根周辺の血管を拡張したり、新たに血管を作り出すことで発毛を促す「ミノキシジル」を含めた、AGA治療に有効な成分や栄養素が多く含まれています。そのため、個人でミノキシジル系の発毛剤やプロペシアを使用する場合よりも、AGAの治療の高い効果を得られます。

副作用が少なく施術による痛みも小さい

育毛メソセラピーには副作用がほとんどありません。たとえば、AGA治療の内服薬を服用した場合、治療成分が内臓を通過して全身に作用を及ぼすので、多くの副作用が起きる可能性があります。主な副作用としては、発毛効果のあるミノキシジルには低血圧や多毛症、男性機能低下、AGAの進行を抑制するプロペシアには肝機能障害やうつ症状などがあります。しかし、育毛メソセラピーは頭皮にAGA治療の薬剤を直接注入する治療方法なので、治療薬が内蔵を通過することはありません。

そのため、副作用が起きる危険性がとても低いのです。また、頭皮に刺す注射針には極細針を使用するなど、治療を行う際の痛みを減らす配慮もされています。患者がどうしても注射針で痛みを感じる場合も、頭皮に麻酔剤を使用したり、針を使わないノーニードルの育毛メソセラピーを選択することなどができます。

使用する薬剤の成分を調整してくれる

育毛メソセラピーでは事前に患者が医師のカウンセリングを受けることで、患者の頭皮や髪の毛の状態、体調などに合わせて、治療薬の濃度を安全なものに調整してくれます。また、これまで患者に効き目が無かった成分や、アレルギー反応がみられる成分などを除外したり、新たにAGA治療の有効成分や栄養素を加えるなど、頭皮に注入する薬剤の成分を患者に合わせて最適なものに変えてくれます。

育毛メソセラピーのデメリット

7f5be9bb8256250e13322fe3312b0311_s

高額な治療費

育毛メソセラピーは美容目的の治療と判断されるので健康保険が適用されません。その結果、治療費が全額負担なのでとても高額になります。1度の育毛メソセラピーに必要な費用は5万円程度が相場ですが、育毛セラピーはAGA治療を終えるまでに何度も行う必要があります。AGAの進行状態や利用するクリニックにもよりますが、通常はAGAの治療を終えるまでに30万円程度が必要になります。

治療期間が長い

育毛メソセラピーは塗布タイプや内服薬のAGA治療薬を使用する場合よりも高い治療効果を期待できますが、効果の現れ方は塗布剤や内服薬でミノキシジルやプロペシアなどの治療薬を使用した場合と同じです。体質を変えることで、徐々にAGAなどが原因の薄毛を治療していきます。効果が現れるまでには半年以上が必要で、短期間ですぐにAGAを治療できる方法ではありません。そのため、交通費や利便性を含めて、継続的に通えるクリニックを探す必要があります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧